山田歯科医院|渋谷区幡ヶ谷|一般・小児・審美・矯正歯科など

専門外来

歯を抜かない

あなたの歯はどうして抜かなければいけないのでしょう?


  • 見るからにボロボロだから
  • 根が腐っている
  • 根元の骨が溶けている
  • 虫歯が歯茎の下まで進んでいる
  • 根にひびが入っている(割れている)
等々


どんな理由にせよ、歯は抜いたら最後2度と生えては来ません。
そんなかけがえのない歯を失わないために当院ではこんなことをしています。

歯科医院側が「抜かない方針」

問題がある歯を抜くことは実はとても簡単なことです。

患者さんを説得しやすい

「痛い」「噛めない」「醜い」「腫れている」状況で「抜かないと治らない」と言われれば辛い患者さんは渋々抜くことを承諾します。こんな時は患者さんを説得しやすいのです。

歯科医院経営のためには抜いたほうが儲かるのです。こんな患者さんは必ず「前の歯医者さんで抜かれた」とおっしゃいます。


当院では「抜かれた」と歯科医師が決めて抜いたのではなく、患者さんに十分に納得して頂き、抜く場合でも「できるだけのことをして頂いたのだけれど、残念ながら抜いて頂いた」と言って頂けるように最善の努力を惜しみません。

あなたの「歯を抜きたくない」という思いを十分に伺い、あなたの気持ちになって歯を残すための最善の努力をいたします。

歯科医院の経営のため

抜けばその歯を補うために「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」などを入れなければならなくなります。 歯科医院の経営的には抜かないよりは抜いたほうがお金になるのです。

10名の歯科医師のうち9名が「抜く」と言っている歯を保存することは、技術的な困難さだけでなく、経済的な負担も大きいことを是非わかって頂きたいと思います。

正しい診断のための検査

 目で見て診断ができるほどあなたの「歯を抜く」ことは簡単なことではありません。 しかし、抜かなければならない歯を抜かなければ必ず抜かないことで起きる問題が起きてしまいます。 正しい診断はなくして歯を残すことはできません。 当院では歯科総合検査によってあらゆる角度から保存の可能性を診断します。


「抜かなければならない」は歯科医師の診断によるものです。


 検査をしたところで正しい診断がされるとは限りません。 例えば、健康保険を中心に診療を実施している歯科医院では健康保険のルールの中でしか検査をすることができません。 検査ができても、検査データを正しく読み取る知識と経験によって検査結果は異なります。

 インプラント、入れ歯、口腔外科の先生はその治療が得意なため歯を抜こうとするかもしれません。また、歯周病、歯内療法が得意な先生は、抜かずに治療しようと考えるかもしれません。

診断は、診断能力+治療技術によって歯科医師ごとに異なります。

治療技術

 もちろん、その歯を保存できるあらゆる治療技術を持っていなければ保存はできませんし、経験がなければその方法での治療に期待すら持てません。

診断と治療技術なくして保存は不可能です。



症例

症例1
虫歯C4 残根…普通は抜歯ですね

 ご本人は「歯が抜けた」と言って治療を希望されていました。歯があることをレントゲンで説明すると驚いていました。歯冠が崩壊しているため歯がなくなったように見えたのでしょう。この2本を失ったら入れ歯かインプラント以外選択肢はありません。

デジタルレントゲン

 虫歯の進行、根の病気、歯周病の進行などの診断を行います。この患者さんの場合、根の病気も治療により治ると判断。

 虫歯も取り除いても冠をかぶせ修復することが可能と診断した。

歯周組織検査

 この患者さんの場合は歯周病について全く自覚がなく、歯周病についての訴えはなかった。


 幸い歯周組織検査の結果中等度以上の歯周病はなかったが、穴があいているためデンタルプラークが残り歯肉炎による出血がみられた。患者さんの訴えがなくても検査をしなければ歯茎の中で隠された歯周病の進行に気づかず放置されるかもしれない。

歯科用コンビームCT

 2次元でしか知ることができないレントゲンに対し、歯の周囲を360度3Dで調べることができるのが歯科用コンビームCTによる検査です。

 デンタルレントゲンでは知ることができない歯根破折や根尖病変などを画像で立体的に見ることができる最新の検査機器です。


 問題となる歯の状況から歯科医師の判断でこれらの検査が行われます。

初診から14年後の口腔内

 現在も問題なく機能している。

メールフォーム

医院のご紹介

↑toppage