山田歯科医院|渋谷区幡ヶ谷|一般・小児・審美・矯正歯科など

メンテナンス

これだけは知っておきたい!メンテナンスについて


せっかくなおした歯、時間とお金をかけた歯を長持ちさせませんか?
もちろん、なおしていない歯や歯茎の健康を保ちます。

治療の繰り返しは歯を失うことにつながります。

治療はお金と時間がかかります。

メインテナンスはあなたの口腔の健康を生涯維持するためにとても大切なものです。

年に数回の来院が快適で美しい口腔を保ちます。


メインテナンスとは・・・

言葉の通り「維持すること」
病気になった観葉植物は残念ながらケアだけでは維持することはできませんね。
薬などの病気治療が必要です。


精密な検査の結果、積極的な治療を必要としない状態であること

治療の必要がない健康な状態に治療や医療者のケアで戻ったとしても、治療やケアを受けなければ健康を維持できないのでは困ります。

そもそも、治療を受けることになったのは虫歯や歯周病になるような生活習慣があるからなのです。

虫歯や歯周病は近年、糖尿病などと似た性格を持つ「生活習慣病」と言われています。

生活習慣上の問題点を明確にしてその問題を改善することができなければどんなに治療をしても再発するのです。

口腔の健康を維持できる生活習慣:セルフケアが身についていること

この2つの条件を満たしていなければメインテナンスと称してPMTCなどの施術をしても決して維持することなどできないのです。

メインテナンスの重要性:CUREからCAREへ

これまでの歯科医療は、虫歯や歯周病の「治療(CURE)」が主体であり、病気にならないための予防処置や、治療が終了した後の「ケア(CARE)」についてはあまり重視されてきませんでした。 患者さんの関心ごとも「この歯をどうなおすか?」にばかりに気をとられ、ホームページで断片的な情報をインプットします。


しかし、歯科に限らず予防やメインテナンスケアは、削ったり切ったりすることがなく、医療費がかさまず、そして病気を未然に防ぐのです。


どんなに最新の治療技術や材料、器機を駆使しても、長持ちしなければ意味がないと思いませんか?


現在まで、日本の歯科医院における予防、メインテナンスケアの受診率は、諸外国に比べ極端に低く、「予防管理」の重要性が全然浸透していませんでした。
その理由として、患者さんが歯科に対して抱く従来のイメージが、「痛い」、「怖い」、「必要なときだけ行く」といったマイナスイメージが大半を占めていることが大きな要因として考えられます。

(松本歯科大学歯科保存学第1講座大学院健康増進口腔科学講座 教授 吉成伸夫 ・ 歯科衛生士室 チーフ 宮島結香)

メールフォーム

医院のご紹介

メインテナンスの症例

せっかくたくさんの時間とお金をかけてきれいに快適に治しても、すぐにダメになったのでは意味がありませんね。
“長持ち”させるにはどうすればいいのでしょう?
風邪をひいても、けがをしても、医者に行くのは具合が悪い間だけ。だから、歯医者に行くのは具合が悪くなった時だけ、治療がすめば行きたくないところなのでしょうね。
ここにこんなデータがあります。歯科治療をするうえでの学術的な根拠となるデータです。

1961年から数百に及ぶ論文がある。専門家から診た必要に応じた歯科医院への来院(メインテナンス)を続けている患者さんと具合が悪い時だけ来院する患者さんについて、虫歯、歯周病の発生・悪化、歯が抜ける本数、治療した補綴物のやり直し等、あらゆる治療の必要性について比較した論文によると、どの治療の必要性においてもメインテナンスを受けている患者さんの方が明らかに良好であるとの結論が出ています。
もちろん、来院時のメインテナンスの内容によっても効果は違ってきますが、ただ来ているだけでも明らかに良好だというのです。

さて、あなたは治療後のメインテナンスを受けなくても大丈夫ですか?
あなたの通う医院のメインテナンスで大丈夫ですか?

メインテナンスの効果を実感されている患者さん口腔内をご覧ください。 また、患者さんの生の声をお聞きください。

初診1992年7月 32歳 女性

初診時は前歯が噛めない歯並び(開口)で、奥歯に黒ずんだ銀歯がたくさん。矯正治療と補綴治療が治療の中心でした。

初診1998年9月 26歳 女性
初診2000年2月 41歳 女性

当院にお出でになる前に他院にて治療したラミネートベニアによって歯茎がはれている。前歯は幅が広く短い。食べかすが詰まる左下ブリッジ。基本的に健康保険の治療です。

べニヤは修理のみ。補填物はすべてセラミック。左下ブリッジは食べかすが残らないオベートボンティック。前歯は歯茎の形態を治して、エステティックラインを整えた。歯茎は炎症もなくきれいです。

初診1991年11月 31歳 男性
初診1991年4月 5歳 男性

ウォーキングブリーチ:変色歯
1999年12月1日
1ヶ月前友達の膝が右上前歯に当たってそれ以来しみたり、かむと痛かったりした。
赤茶色く変色した右上前歯。レントゲン上ですでに根尖部に透過像、歯根膜腔拡大、動揺がある。
根の周りの黒い線が太くなり、炎症が起きていることを示している。

2000年2月16日
根管治療終了

2000年4月24日
ウォーキングブリーチで白さを取り戻した。

2009年11月2日(約10年経過)
破折予防のためファイバーポスト、ハイブリッドセラミック充填
当院では変色歯を削ってセラミックにすることは基本的にしません。
天然歯が何より自然で美しい。

2013年8月28日(約13年経過)
虫歯は1本もない


以下のボタンから診療科目ごとの当院の症例がご覧になれます。

メンテナンスの症例 審美歯科の症例 矯正治療の症例 歯周病治療の症例

メールフォーム

医院のご紹介

↑toppage