山田歯科医院|渋谷区幡ヶ谷|一般・小児・審美・矯正歯科など

歯周病治療

これだけは知っておきたい!歯周病治療について

歯周病でお悩みのあなたへ

歯茎から血が出る。  歯が揺れる。  歯茎が下がった。 
歯の位置が動いてきた。歯がしみる。  固いものが噛めない。 
歯と歯の間に隙間ができてきた。  歯が長くなった。
歯茎が腫れる。  歯に物が挟まりやすくなった。


どれも歯周病の症状です。

歯周病は“Silent disease静かな疾患”というように多くの場合ガンのように、症状を感じることなく病状は進行します。
自覚症状が出るころにはかなり重症な状況まで進行している場合があります。

「“抜く”と言われたらどうしよう…」こんな不安が歯科医院への足を遠のかせます。

歯周病は放置して治ることは決してありません。
気づかぬ間にどんどん病気は進行するのです。

当院ではいきなり抜くようなことは決してしません。

歯周治療には経験と実績が不可欠です。

歯周病に特効薬はないのです。
手遅れにならないうちに上記の症状がおありでしたら是非ご相談下さい。

あなたも歯周病です!!

60歳以上は歯周病が急増!
60歳以降の歯を失う原因は歯周病が多くなる!

男性は40歳、女性は50歳から歯周病で歯を失いはじめます。
あなたの歯周病はどのくらいまで進行しているのでしょう?

歯周病には数週間で治る軽度なものから、どんなに高度な治療をしても時間の経過で抜け落ちてしまう進行したものがあります。
残念ながら歯周病は自覚症状が非常に乏しい病気で多くの場合ご自分で気づくことなく進行しています。

進行状況を知るのは歯周組織検査がとても重要です。

しかし、日本ではこの検査を実施している歯科医院はとても少ないようです。
しかも、この検査、実はとても難しいのです。

経験とトレーニングを積まなければ同じ検査を受けても結果が大きく違うのです。
検査結果に基づいて治療計画が立てられることを忘れてはいけません。
歯周治療はあなたの協力なしで成功することはありません。

あなたの歯周治療への理解とご自身での取り組みが治療結果に大きく影響するのです。

他人事でない、あなたの歯周病を是非ご確認ください!


山田歯科医院では、今起きている問題、抜かない、揺れない、痛くないための歯周治療はもとより、正しい診断のための検査と長持ちのための予防を行い、あなたの口腔を生涯健康でいられるようサポートしています。


歯周治療

歯周病は歯を支える歯茎や骨の病気です。 歯周病はその進行の状態によって歯肉炎と歯周炎に分類され治療法も異なります。

歯肉炎は歯周病が歯肉のみに進んでいるもので、歯周炎は歯肉から骨にまで及ぶものです。 歯肉炎から重症化して歯肉炎に至ります。

歯肉炎と歯周炎の診断は歯周組織検査とレントゲン撮影が不可欠です。

歯肉炎

歯肉炎の治療例です。

正確な検査、診査、診断による治療計画で、無駄のない効果的な治療が可能です。 歯肉炎の診断であればほとんどの場合以下の患者さんのように短期で改善がみられます。

50歳女性 介護と更年期でストレスと体調がすぐれない日々が1年以上続いていたことから全体的に歯が痛み出し、特に前歯がの痛みが常にあり、日増しにひどくなるのを感じていたそうです。

患者さんは「早く治療をしてほしい!」と歯科医師に何かをしてもらうことを訴えます。


お話を聴くと「このままにしておくともっとひどくなって前の先生に言われたように歯茎を手術して切り取らなくてはならなくなるのでは・・・」という不安からの訴えでした。

検査結果から、痛みの原因は前歯周囲の歯肉の炎症(歯肉炎)であることがわかりました。

原因さえ取り除けば数週間で治り、痛みもなくなる病気です。



前医は「この痛みは古くなったセラミックの冠が原因です。最新のジルコニアに代えれば治るでしょう。」と言ったそうです。


これでジルコニアの冠を入れれば治るとは・・・?


患者さんに原因について十分にお話しして、日頃のお手入れの改善をはかりました。

今まで痛くて普通の歯ブラシも当てられなかったところが、痛みもなくなり歯ブラシも普通にできるようになったとのこと。画像でもお分かりのように前歯周囲の歯茎の色がだいぶ赤みが引いています。

まだ2週間ですのでこの程度ですが、正しくセルフケアを続けることでさらに改善され自然な歯茎に戻ると思われます。


当院ではエビデンスに基づき当たり前のことをしただけの話です。

この治療ではジルコニアの冠を入れることは不要になりますので当院は経済的には儲かりません。しかし、この患者さんにとって本当に必要な治療は、ジルコニアの冠を入れることではなく、正しいセルフケアによって原因を取り除くことだったのです。例え、利益にならなくても、あなたにとって本当に必要なことを行うことが時間的にも経済的にも、そして痛い思いをしないためにも大切なことではないでしょうか?


あなたにとって本当に必要な治療は何ですか?

あなたが歯科難民にならないことを願っています。


この歯肉炎を治せない歯科医院ではさらに進んだ歯周病は到底治せないのです。


歯周炎

下の前歯が上に上がってきた。前歯でかめない。2年前に治療途中になっている。


  • 歯茎は赤くはれ上がり、血や膿が出ています。
  • 歯が動いて歯列が崩れています。
  • 歯が揺れて噛めません。
  • 治療途中の歯が見られます。

歯科総合検査の結果、重度歯周炎と診断、歯周治療を開始した。

歯周炎は歯肉炎が進行した病気です。原因はどちらもデンタルプラーク(バイオフィルム:細菌)です。

歯肉炎同様治すには患者さんのセルフケアが重要です。セルフケアのレベルが低ければ歯科医がどんな歯周治療をしても治すことはできません。

当院では歯科総合検査によって患者さんにわかりやすく歯周病の状態をお話しし、その原因について知って頂きます。

原因に対する対策は予防プログラムで行います。

原因が解決すれば必ず効果が出てきます。


全体的に歯を支える骨が根の長さの2/3程まで溶けています。

これでは歯は揺れ噛むこともままなりません。

徹底したセルフケアだけで回復した歯茎

自然に崩れ始めた歯石をとった。
歯石をとると血が出たり、しみるようになるとよく聞くが、当院では出血もなく、しみることもない。

十分回復した歯茎で矯正治療によって歯列を元に戻す。


歯周病も安定し、歯を失うことなく現在まで良好にメインテナンスを続けています。
審美的な改善も含め、臭いや噛みにくさなど問題は解決し快適だという。


メールフォーム

医院のご紹介

歯周病治療の症例

初診2011年8月 39歳 男性

ニースで腫れた左上奥歯の歯周病で失われた骨。【赤線】
詰め物や冠の合い具合が悪く、プラークが溜まり、歯周病や虫歯(赤矢印)が進んでいる。


以下のボタンから診療科目ごとの当院の症例がご覧になれます。

メンテナンスの症例 審美歯科の症例 矯正治療の症例 歯周病治療の症例

メールフォーム

医院のご紹介

↑toppage